バイクツーリングでありがちなトラブルは、以下の通りです。 ・オーバーヒート ・ガス欠 ・パンク ・体調不良 長距離走行していると、エンジンがオーバーヒートしてしまう場合があります。 温度警告灯が点灯した場合には、すぐに走行を中止して、エンジンを停止してください。 自分や仲間で対処出来ない時は、速やかにロードサービス(JAFが有名ですね)を利用しましょう。 バイクツーリング(恋人や夫婦でペアでするのもステキですね)で多いのが、ガス欠によるトラブルです。 計算して走行していてもガス欠になってしまうことがあるため、こまめに給油をするようにしましょう。 ガス欠時にガソリンを分けてもらうために、ガソリン携帯缶を準備しておくと便利です。 また、タイヤがパンクしてしまうことも多いため、修理道具も必ず用意しておきましょう。 ツーリング(恋人や夫婦でペアでするのもステキですね)中に体調を崩してしまうこともありますが、その場合は無理をせずにゆっくりと休むようにしてください。 体調不良のまま走行すると集中力が低下して、事故を起こす可能性があるので止めましょうー